作成者別アーカイブ: kyasunaga

[report] ScratchDay2017に展示参加いたしました。

エントランスホールやイベント会場での案内役をするfabbotという想定で展示してみました。

音声案内をして来場者に名前を入力していただき、入力した名前が

来客者名簿にリスト化されるという簡単なプログラムをScratchでつくりました。
2台のUSBカメラ、fabbot目線のものと全体を把握する別角度からの広角のものを設置。
fabbotのシステムに組み込むわけではないのでお気軽にカメラ目線のお試しができます。
QuickTimeなどで録画もでき、QuickCameraというアプリをいれると2画面同時に見れます。
以下のUSBカメラは分解が容易です。ブラケットを3Dプリンターでつくり装備できるようにしました。

fabbot目線カメラ:BUFFALO BSWHD06MWH [マイク内蔵120万画素Webカメラ HD720p]
全体状況把握用:BUFFALOBSW200MBK [マイク内蔵200万画素WEBカメラ 120°広角]

IMG_6860MMVJ0651

[告知]下記イベントにてfabbotの操作をお試しいただけます〜

今月は以下の2つのイベントにてfabbotの操作をお試しいただけます〜

1.プログラミングワークショップ「fabbotと暮らそう」
(*私の方は当日おりません。ファブラボ世田谷さんの方でfabbotをご活用いただいております。)
http://fablabsetagaya.com/?p=10541
イベント開催日時
5月14日 (日)
11:00〜12:00
場所
FabLab Setagaya at IID (IID 世田谷ものづくり学校 116号室)
参加費
500円(税込)
持ち物
特になし
定員
4名
対象
小学校中学年以上〜中学生※親御さんもご一緒に受講頂きます。
申し込み
件名を「fabbotと暮らそう」とし、氏名・連絡先・希望時間・参加人数を明記の上、setafab@r-school.netまでお知らせください。

2.Scratch Day in Tokyo 2017
(*当日私も参加しています。fabbotのベースである東京都市大学の小池研究室とご一緒して参加いたします。)
ScratchユーザーによるScratchユーザーのためのイベントです。
今までは、全国大会的な役割がありましたが、各地に拡散と浸透したことを受けて、
東京近郊の人たちを中心に行われます。また、カンファレンス的な面を減らし、
普段やっていることをお互いに紹介して、交流する場にするということです。

https://day.scratch.mit.edu/events/3756/

http://day.scratch-ja.org/post/160557562372/

日時 5月 28日(日)

1 p.m. – 4:30 p.m. JST

青山学院アスタジオ B1 ホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目47−11
http://aogaku-astudio.com/

名称:fabbot(ファブボット)http://fabbot.info
出展概要:Scratchでコントロールできるお話ロボットfabbotの展示。
fabbotは東京都市大学小池研究室のオープンソース・ソーシャルロボット「Mugbot」をベースに3Dプリンター・レーザー加工機を用いたオリジナルパーツ・専用基板・超小型アンプとスピーカーをArduinoとRaspberry-Piと一緒に600mlサイズの透明ドリンクカップに凝縮したディジタルファブリケーション入門用ロボットキット。

以上 fabbot/安永でした。

[report] 昨年夏、山梨英和大学の杉浦先生とご一緒したときのスライドショーです^^;

すでに半年以上経ってしまいましたが…

山梨英和大学の杉浦学先生にお招きいただき組み立て&Scratchでの操作体験のワークショップをおこないました。

研究室のレーザーカッターでアクリルパーツにオリジナル刻印をする!というところまでできて大変でしたが充実したものになりました。(杉浦先生が一番たいへんだったとおもいます^^;)

しかも、このワークショップは山梨英和大学 主催
/一般社団法人電子情報通信学会東京支部 共同主催
http://www.yamanashi-eiwa.ac.jp/fabbot/
でおこなわれたもので、ロボットのお持ち帰りができるというとてもお得なものでした。

この場をおかりしてワークショップに関わっていただいた関係者の皆様にお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

P.S.台風のすごい雨で川になった高速道路、ワークショップ前日の現地入りで体験いたしました
^^; 当日は晴れてみなさん楽しんでいただいた様子でとてもよかったです。

[report]3回目はキャラ設定追加!プログラミング体験会をいたしました。千代田女学園高等学校のオープンスクールにて

img_6546
千代田女学園高等学校のオープンスクールにて。

3回目はfabbotを設置する場所の想定に加えキャラ設定をして
プログラミングをすることに挑戦。
プログラミングのイメージを膨らませるのにキャラ設定するのが
いいかなとおもいましたが…
なかなかこのキャラ設定、難しかったかも^^:
なぜなら
くじ引きをして決めた設定がそれぞれ
・消防署x姉御系お姉さんキャラ
・病院x優等生委員長タイプ
・旅行代理店xあざとかわいい妹系
でしたので^^;
ちょい怖ツンデレさんとか振り切ったキャラのほうがやりやすかった??

キャラ設定には皆さんちょっと戸惑っていましたが
実質、基本操作約20分とプログラミングも15分くらいと
短い時間でしたが基本の動きや条件分岐・変数を使った目の明るさ変更、
マイクをセンサー代わりにする方法などは
皆さん問題なく操作してくれていました。すごいです。

そこから先は脚本の世界ですので、またぜひscratchをダウンロードして
機会をつくりチャレンジしてみてくれたらとおもいます〜

[report]オープンスクールにてプログラミングワークショップを行いました〜

千代田女学園高等学校のオープンスクールにてプログラミングワークショップを行いました!
50分という限られた時間のなかでしたが、15分ほどのショートレッスンの後、4つのシチュエーションテーマ(ファミレス・遊園地・図書館・病院)に沿ったプログラミングでfabbotをカスタマイズしてくれました!
プログラミングが初めてとは思えないほど上手にできていて、スタッフの私たちにもとても嬉しい体験でした。次回10月29日土曜日のオープンスクールでも開催します〜。
ws160828_1 ws160828_2   ws160828_4 ws160828_3